カラーリングの印象の違い

こんにちは。

国立の貸切り個室美容院ぱいんゆ 光太郎です。

今日はカラーリングの印象の違いについてです。

 色というのは無彩色、寒色、暖色に分類されます。

黒、白、灰色は無彩色。

赤、橙、は暖色。

青、緑は寒色。

髪を染める場合は寒色系にするのか、暖色系にするのかで印象が変わります。

これは白髪染めでも通常のカラーリングでも同様です。

暖色系というのは可愛い、元気、明るいといった印象にしたいとき。

寒色系というのは知的、カッコいい、落ち着いているといった印象になります。

今の自分の印象を可愛くしたいのか、カッコよくしたいのか。

元気よく見せたいのか、落ち着いて見せたいのか。

と、考えると髪のが決まってきます。

髪色で想像しにくい方は赤い帽子なのか緑の帽子なのかで想像してみてください。

僕の場合はファッションの傾向と持っている雰囲気とヒアリングで決めていきます。

ご相談下さい。

カラーリングの印象の違いについてでした。

今日も素敵な一日を。

国立の貸切り個室美容院ぱいんゆ 光太郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です