初期の白髪対応について

こんにちは。

国立の貸切り個室美容院ぱいんゆ 光太郎です。

今日は初期の白髪の対応について。

出始めの白髪についてよくご相談を受けます。

一般的に男性は30代前半、女性は早い方で30代後半から出始めます。要因はストレスや遺伝、体調など様々です。

まず出始めの数本の対応策としては、部分的に染めるか切ること。

数本の為に頭を全部染める必要はありません。

黒髪なら白髪の部分だけ染めてあげても良いです。

抜くのはやめておきましょう。

頭頂部にある場合は切ってしまうと立ってきて髪質によっては余計に目立ってしまうので避けてください。

一般的には頭の鉢より下なら立ちにくいので数本なら切っても良いです。

また白髪が少ないうちはホームケアでも対応しやすいです。

シャンプーやトリートメントで段々と染まっていくというものも市販でありますが染まりはかなり薄いです。

カラーリングをしたことがない方はヘアマニキュアという市販の優しい染料でお家で試してみるほうがお薦めです。

少しづつ増えてくるものなのでヘアサロンとホームケアを上手に組み合わせて付き合っていくことをお勧めします。

急に人と会わないといけなくなった場合など少しのセルフケアができると随分と楽になります。

洗髪すればすぐ落ちるマスカラのような染料などもドラックストアで販売しているので一つ持っておくと便利です。

セルフケアが大変だと感じるようになったらヘアサロンに一度任せてください。

カットと同時にカラーリングをして、次回までの間に分け目や気になるところだけセルフケアで対応していく方法です。

白髪を染めるといっても薬剤の種類が大きくいくつかあります。

自分には何があっているのかパッチテストも必要です。

ライフスタイルやファッションによっても選ぶものが変わってきますので、わからない時は何でもご相談下さい。

今日は初期の白髪の対応についてでした。

今日も素敵な一日を。

国立の貸切り個室美容院ぱいんゆ 光太郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です